大人の性事情
~性について学習するアダルトブログ~
セックスレス

知っておこう!セックスのメリット・デメリット

前回の記事でセックスレスの定義や原因などについて勉強しました。

セックスレスを防ぐにはセックスのメリットを知っておくべきです。セックスは特に女性にとって大きなメリットがあります。

ということで、この記事ではセックスのメリット・デメリットについて取り上げていきたいと思います。

こういった知識がパートナーとの交渉に役立つかもしれません。また改めてセックスの必要性・重要性にも気づくことができます。

この記事で学ぶこと

1.セックスのメリットとは
2.セックスで得られる幸せホルモンについて
3.セックスは女性にとって最高のスキンケア
4.セックスで男性機能向上・自信力アップ
5.朝セックスはメリットいっぱい
6.セックスのデメリット

セックスのメリット

セックスは子供を授かるため、または快楽を得るため、パートナーとの愛を深めるためなど色々ありますが、その他にもセックスには色々とメリットがあるようです。

1.異性に触れたりセックスをすると幸せホルモン「オキシトシン」が分泌される

オキシトシンとは人と人との肉体的な接触や、簡単なボディタッチでも分泌されるホルモンで以下の効果があります。

オキシトシンの効果

1.幸せな気分になる
2.脳・心が癒され、ストレスが緩和する
3.不安や恐怖心が減少する
4.他者への信頼の気持ちが増す
5.社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
6.親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
7.学習意欲と記憶力向上
8.心臓の機能を上げる
9.感染症予防につながる

人に多幸感をもたらし、ストレスにもよく、また美肌・ダイエットにも凄い効果があるそうです。これだけでも凄いメリットですよねw( ̄o ̄)w オオー!

2.外見が綺麗になり若々しくなる

セックスは「最高のスキンケア」とも言われ、女性にとっては外見も内面も魅力的になる効果があります。やはり女性ホルモンを活性化させるのが大きな理由ですね。

対して男性はどうなのでしょうか。男性はセックスする度に干からびていくイメージがあります(笑)女性にげっそりと精気を吸われたようなそんな感じですよねー。セックスで美しくなるのは女性の特権。そして大きなメリットです。

ただ、綺麗になるのは「良いセックス」だけです。「悪いセックス」では綺麗にはなれないですね。

好きでもない人とのセックスや、したくないのにセックスをするでは残念ながら綺麗にはなれません。

やはり楽しい・気持ちいい・お互いに愛情があるそんなセックスが女性を美しくします。

3.深い睡眠をもたらしてくれる

セックスで満たされると幸福感に包まれて深く睡眠をとることができます。

男性なら解ると思いますが、セックス後の俗に言う「賢者タイム」は心地よい疲労感で眠気が急激に襲ってきますよね。

深く寝すぎて翌日会社に遅刻しそうな時があるくらいです(笑)。 目覚めも気持ち良く起きることができます。

4.男性の性機能の向上

男性の射精は定期的にしなければなりません。男性の身体で作られる精子は約3日間で満タンとなり、その後身体へ少しずつ吸収されるそうです。

最近では「オナ禁」という射精をしないことを良しとする話をよく聞きますが、一般的には射精は定期的に行う方が良いと言われています。

射精を行わないと精子の質が低下し、不妊の原因になったり、奇形の問題が発生するそうです。

人の身体・筋力は使わないと退化していきます。それと同様に勃起不全になるとも。オナ禁のメリットもあるのかもしれませんが、長期的に禁ずることはやはり問題なのではと私は思います。

また射精することで前立腺がんの予防にもなります。

定期的なセックスは男性の性機能を向上させ、男性ホルモンを上げるメリットがあります。

5.ダイエット効果がある

セックスにはダイエット効果があります。夏場は汗びっしょりになりカロリー発散です。

何でも30分ウォーキングしたのと同じ効果があるそうですよ。気持ちいいことして痩せれるなら最高ですね。但し、終わったらグッタリ倒れ込んでしまいますけど(笑)

6.朝セックスのメリット

最近では「朝セックス」を推奨する人も増えているそうです。朝セックスのメリットは以下の通りです。

寝て休んでからなので体力がある

夜は一日の疲れが溜まっていてセックスをする気になれなかったりしますが、朝セックスはしっかり休んだ後なので体力・気力があります。

夜誘って疲れてるからダメなら朝誘ってみてはどうでしょうか。それで断られるなら何時なら疲れていないのかって話ですよね。

セックスの余韻で一日幸せな気分を味わえる


セックスの幸せな気分が日中ずっと続き、一日幸福感に満たされます。仕事中に思い出すと恥ずかしい気分になることもありますが(笑)

仕事の集中力が増す

セックスをすることで放出されるドーパミンが、仕事の集中力を上げ、作業効率をあげてくれるそうです。

朝は男性ホルモンの分泌が活発である

男性ホルモンは一日の中で午前中が一番活発な時間帯なんだそうです。「朝勃ち」が物語ってますね。朝から熱いセックスができます。

髪・肌につやが出る

朝セックスすると、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)という成分が放出されるそうです。DEHAは若返りホルモンとも言われ髪と肌のつやがましてキレイにみえるとの事です。

感度がいい

朝起きてから3時間は、性的興奮や快感を高めてくれる「ノルアドレナリン」とい脳内物質が多く放出されるそうです。確かに起きて何かムラムラしちゃう時ってありますよね。朝の方がオーガズムを得やすいです。

朝セックスのデメリットは?

逆に朝セックスのデメリットはというと、仕事に行く前に疲れたり、そのまま余韻に浸ったまま寝ちゃって遅刻したり(私はよくあります)、時間が無いため簡略化したり雑になったりすることでしょうか。

皆さんは朝と夜どちらがいいですか?夜パートナーに誘っても断られる場合は朝、若しくは白昼でも全然構わないと思いますよ!明るい方が燃える人もいますし。

セックスのデメリット

では、セックスをすることのデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

1.性病など感染症のリスク

セックスは身体と身体を密着させたり、体液に触れるので性病などの感染があります。常日頃から体調管理や衛生管理に注意し、清潔な状態でセックスを行うことが大事です。

2.相手に合わせる必要がある。時間がかかる

セックスは相手が在って成立する行為なので、当然自分勝手なプレイはできません。しかし自分さえ気持ちよければ良いという自分本位の男性が多いのも事実ですね。これが女性を満足や不満につながり、セックスレスにつながる原因でもあります。

また、自慰行為(オナニー)と違い時間がかかります。準備がメンドクサイというのもありますね。

3.疲労する。費用が発生する場合がある

他にも疲れたり、家でセックスできない場合にラブホテルなど利用すると費用が発生します。

4.妊娠のリスク

セックスは子供を授かる行為ですので当然妊娠のリスクがあります。それを望んだセックスなら問題ありませんが、現代では子作りより快楽を求めてするセックスがほとんどなので問題となります。男性・女性問わずしっかりと避妊・注意が必要です。

まとめ

セックスにはデメリットもありますが、それ以上に多くのメリットがあることが解りました。メリットを知ることでセックスについて少し考えが変わったのではないでしょうか。