大人の性事情
~性について学習するアダルトブログ~
男性のセックス

性欲を高め、勃起力を上げるために男性に必要なこと

性行為をするのに不可欠な男性の勃起。

若い頃はちょっと触れただけで、大きく硬くなったのに今ではなかなか大きくならない。また、性行為の途中で萎えてしまう(中折れ)・・。

そんなお悩み抱えていませんか。

かく言う私も40代になり、性行為中に萎えてしまうことが度々起こるようになりました。

セックス大好きな私にとってこれは大変な問題です。

まだまだこれからセックスを楽しむため、今回は男性の勃起について勉強することにしました。

勃起力低下が及ぼす問題

まずは勃起力低下が及ぼす問題について考えてみたいと思います。

1.性行為(挿入)ができない

勃起が完全にできなくなる(勃起不全)と膣にペニス挿入ができなくなるため、性行為ができません。

2.セックスレスの原因になる

男性にとって勃起力低下は精神的にも負担がかかり、プライドの高い方はパートナーに相談できない場合があります。当然セックスを拒むことが多くなるため、セックスレスの原因になります。

3.ストレスが高まる

性欲が無いならそこまで問題にならないかもしれませんが、性欲がある人にとっては性行為ができないのはかなりのストレスになります。

4.自信の低下

勃起とは男性の象徴でもあるので、勃起力低下は自信低下にもつながります。

勃起の仕組み

普段はふにゃふにゃのこんにゃくの様なペニスが、時には一瞬でガチガチの硬い棒のようになる男性のペニスって不思議に思う事ありませんか。

勃起力低下を防ぐにはこの仕組みを知る必要がありそうですね。

陰茎には、海綿体という細い血管が集まったスポンジ状の器官があり、ここに血液が流れることで大きく硬くなります。

人が性的に興奮したり、何かしらの性的な刺激を受けたときに、脳から、陰茎への神経を通じて勃起するように命令・信号を送ります。すると、海綿体に入る血液の量を制限していた平滑筋が緩んで、血液が流れこむことによって、陰茎が硬くなります。これが、いわゆる勃起と言われる現象の仕組み・メカニズムになります。

                     ~CLINIC FORサイト様より引用~

上記の勃起の仕組みを見ると改善として「血流」がひとつのキーになりそうですね。

勃起力低下の原因

次に勃起力低下の原因について考えていきたいと思います。

1.加齢

歳をとるにつれ、勃起力が低下します。40代くらい、早い人になると30代前半から勃起力低下を感じ始め、原因としては血流が悪くなることがあげられます。また、加齢による男性ホルモン(テストステロン)の減少も原因とされています。

2.ストレス

日常生活にストレスを大きく感じていると勃起力が低下します。男性のストレスでもっとも多いのはやはり仕事でのストレス・・。悩みやストレスがあるとやはり性行為をしようとは思わなくなるのが自然ですよね。

3.過去のトラウマによる勃起力低下

過去の性行為で大きな失敗したり、女性からの発言などで自信を無くし、精神的に追い込まれると勃起力低下どころか勃起不全になります。完治するには心のケアが必要。

4.運動不足・生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れ、運動不足になると勃起力低下の原因になります。運動をしなければ男性ホルモンが減り、また、全身の血流が悪くなるからです。

5.睡眠不足

現代人は睡眠時間が足りないと言われています。睡眠時間が短いと精神的に安定せず、疲れやすくストレスを溜めこんでしまいます。睡眠時間は長すぎても短すぎてもいけません。7~8時間が最適です。

6.性欲減退

男性ホルモンが低下することで性欲がなくなります。性欲が無くなると脳からの勃起信号が送られず勃起力が低下します。

私が勃起力向上のために励んでいること

上記の勃起力低下の原因を踏まえて私が取り組んでいることをご紹介します。先にも書いたとおり私も40を過ぎ、中折れを経験するようになりました。私は前戯を含め3時間以上はセックスしています。

妻のときはそこまで感じませんが、若い20代セフレの子とのセックスで中折れとなるとやはり凹んでしまいますね。

なので勃起力低下を防ぐため以下の事を取り組んでいます。

1.運動

全身の血流を良くするため、ジョギングをしています。毎日は走っていませんが、週に2・3は10kmランニングをしています。

2.筋トレ

先程の運動と一緒ですが筋トレをしています。体脂肪を減らし生活習慣予防、体型を良くするためですが、男性ホルモン(テストステロン)を増やすためということを意識してやっています。

勃起力向上ということで言えば「スクワット」をするだけでも効果があります。私の場合毎日ダンベルスクワットを50回は必ずするようにしています。(※通常のスクワット数回でも十分です。)

スクワットをすることでペニスに血が流れやすくなるからです。

その他股関節を柔らかくするストレッチも効果があるそうなので、風呂上りに軽く伸ばしています。

もう一つ大事なPC筋という筋肉の筋トレをしています。PC筋はおしっこを止めたりするときに使う筋肉ですね。PC筋やその筋トレの詳細ついては別記事であげたいと思います。

3.サプリメント摂取

前回の記事にもありましたように、勃起や性欲に関する栄養素を摂るためサプリメントを私は毎日飲んでいます。

精力は男の活力!男性必見!精の付く食べ物。唐突ですが、今朝妻とモーニングセックスをしました。出社前だったので時間20分程度の軽めだったんですが、お互いオーガズムを感じ、朝から幸せ...
セックスレスを防ぐ・・・⑤性欲を上げる(栄養素を摂取(EDに効果あり))セックスレスになる原因の一つに男性の性欲減退があります。これはストレスや加齢・マンネリ・運動不足などで減少するのですが、食事によって性欲...

ここでは飲んでいるサプリメントをご紹介しますが、効果は個人差ありますし、体内に入れるものですので自己責任でお願いします。

1.デュアナチュラ亜鉛(袋タイプ)

勃起力向上には直接関係していませんが精子を作る亜鉛を摂取するために飲んでいます。

デュアナチュラ亜鉛は袋タイプと容器に入ったタイプがあり、私は袋タイプを購入しています。容器タイプはセレンが入っており、セレンは過剰摂取すると脱毛の原因になると聞いたことがあるからです。

2.BULKEY シトルリン・アルギニン

こちらのサプリは性に関する栄養素を多く含んでいます。

〇シトルリン 〇亜鉛酵母 〇マカ粉末 〇クラチャイダム 〇トンカットアリエキス 〇牡蠣エキス 〇デキストリン 〇すっぽん末 〇高麗人参 〇アルギニン 〇タウリン等

これだけの栄養素が入っていて2000円程度(1日3回3錠ずつで1ヶ月分)です。ただ、私的には空腹時の摂取は避けた方がよいと思います。吐き気を起こすことがあるからです。食後なら全然問題ありません。

3.プロテイン

勃起力というより筋力アップということで飲んでいます。筋力を付けることで男性ホルモンも活発になります。私が飲んでいるのはザバスですね。個人的にはリッチショコラを気に入っています。

4.ストレス発散:しっかり睡眠をとる

ストレスは勃起によくありません。私はイライラした日は早く寝るようにしています。どんなにムシャクシャした日でも寝て次の日を早く迎えると案外気持ちが軽くなっているものです。

逆に長時間起きててずっと考え込み、引きずる方がよくありません。気分が塞ぎこみがちな時はとっとと寝るべきです。私は早寝早起きでどんなに遅くても22時には寝て、4時半には起きています。

また、会社から出た瞬間から一切仕事の事は考えないようにしています。私は趣味ややりたいことでプライベートも忙しいので帰ってまで仕事を引きずるのを嫌います。残業なんてもってのほか。

でもその分仕事中は一生懸命ですよ。当たり前な話ですけどね。

5.性欲向上

性欲を上げるため、可愛い人の画像を毎日見るようにしています。その他私は「脚フェチ」なのでそういった画像も見ますね。

女性からみると「何て気持ち悪いやつ」と思うかもしれませんが、私はそれで男性ホルモンを上げているのです。男性ホルモンは男のやる気の源。とっても大事なのですよ。

男性ホルモンが高い人が仕事ができ出世(成功)しやすいのです。変な話ですが、出世(成功)している人って性欲強かったり、愛人がいたり性活動も活発ですよね。もちろん絶対そうというわけではありませんが。

好みの可愛い人を見て、自分が興奮する画像を見ることで性欲が起き勃起しやすくなる。一番いけないのは異性に興味がなくなること。これはまずいです。

以上が私の勃起力を維持するためにしていることです。最近は中折れも無くなりました。

参考になるかはわかりませんが、お悩みの方は一度お試しください。

勃起不全(ED)になってしまったら・・

完全に勃起不全となってしまった方は病院の力も借りて治療されることをお勧めします。パートナーがいらっしゃる方ならどうかパートナーにご相談されてください。

何もおっしゃらずセックスを拒むと誤解を招く場合があります。セックスレスは大切なパートナーを失う可能性がございます。

お話し辛くてもパートナーにはしっかりお伝えし、一緒に治療を進めていく事が大事です。

まとめ

勃起は性行為には必要不可欠です。勃起力低下にも色んな原因がありますが、立ちにくくなった、中折れするようになったくらいならまだ改善できます。

充実したセックスライフを送るためにも、自身の身体・健康のためにも運動したり睡眠をしっかりとるようにしましょう。