MENU
大人の性事情
~性について学習するアダルトブログ~
女性の性開発

セックスを楽しむ③・・・「究極の性感帯ポルチオでオーガズムを目指そう」

女性の究極の性感帯「ポルチオ」。最高のオーガズム(絶頂)が得られる性感帯ですが、未だ謎が多いため、ポルチオイキ経験者は少なく、またその存在を知らない方も多いと思います。今回はポルチオについて書いていきます。

『セックスの楽しさを感じれなくなった方がポルチオに興味を持ち、またセックスしてみようかなと思ってくださると嬉しいです。』

女性のオーガズムについて

 別記事でも触れましたが、女性のオーガズムは大きく3つあります。クリトリスでイク「クリイキ」、膣内Gスポットでイク「中イキ」、そして今回のポルチオでイク「ポルチオイキ」です。ほぼこの順番で開発され、後者になればなるほど難易度が増し得られるオーガズムは大きくなります。

まだ「クリイキ」や「中イキ」を体験されたことのない方は先にそちらの開発を目指しましょう。「中イキ」も体験されたことのある女性は非常に少ないとの事。中イキを経験していないとポルチオ自体感じにくいです。

セックスを楽しむ①・・「感度をあげて中イキしよう」今回は女性の「中イキ」について書いていきたいと思います。「中イキ」とはクリイキではなく膣内でイクという事です。中イキはクリイキとは違い、...

中イキやポルチオイキは初めは全く感じないと思います。継続的に刺激を与える必要があり、気持ちいいと感じるまでに時間がかかります(開発)。また上手く開発できているかどうか解りにくいのも開発を諦めてしまうなど難易度を上げている理由だと思います。

私もポルチオイキはまだ導くことができておらず、修行中の身です(笑)当記事は私への開発方法のおさらいも含めて書いております。経験者の方でこうしたらいいよというアドバイス頂けたら嬉しいです。

ポルチオとは

                ※画像:日刊SOD様より
ポルチオとは、子宮頸部のうちで膣(ウァギナ)に突出した部位(子宮膣部)のこと。膣内に指を挿入し、奥へ進むと筒状の突起物に触れることができます。それがポルチオです。

出産未経験の方は固く、出産を経験した方は柔らかいです。結構奥にあるため、指の短い方は届きにくいのですが、クリイキや中イキさせ興奮状態になるとポルチオが手前の方に下がってきて触りやすくなります。特に中イキは驚くほど下がってきます。これは受精しやすいようにする為でまさに女性の神秘と言えるでしょう。

           ※画像:心と体の満足するセックスのススメ様より

ポルチオでのオーガズム

ポルチオ若しくはその周辺の膣壁へ振動を与え、子宮を揺らすことでオーガズムを得ることができます。ポルチオでのオーガズムはクリイキ、中イキとは比べ物にならないほどの多幸感が押し寄せるといいます。

女性として生まれて来て良かったと思えるほどで、癖になる方も多く、常にセックスを求めるようになるとも。幾つか経験者の声を集めてみました。

 クリと違って一回いくだけで何度も快感の波が来る。
しかもなんか多幸感みたいのはんぱない快感強すぎて自分ではどうなってんのかわからん。
ヨダレとか涙はよく出てる。ポルチオでいきまくってると女性ホルモンドバドバ出る気がするよ。肌とかめっちゃ綺麗になる。

 

ポルチオでイクと体全体が性感帯になると聞きます。どこを触っても例えば足の裏を触っただけでもイクことができるようになるらしく、声や指を鳴らしたりするだけで子宮がうずくのだそう。その快感は行為後も続き、イキっぱなしや、軽く失神することもあるそうです。

                     ※画像:心と体の満足するセックスのススメ様より

ポルチオ開発方法

ではどのようにポルチオを開発すればよいのでしょうか。指で開発する場合と男性のペニスを使って開発する方法があります。中イキと同じくバイブなどおもちゃを使った方法でもできるようですね。

指で開発する方法ですが、指は必ず爪を切りましょうね。触るところは子宮口ですので、万が一にでも傷をつけてはいけません。深爪になるくらい短くしましょう。また、AVのように激しくするのはいけません。女性の反応を見ながらゆっくり触れましょう。

開発方法については他サイト様の動画を参考にしてください。文字で書くより、そして実際にポルチオイキさせられる方からの説明の方が良いと思います。

どちらも心と体の満足するセックスのススメ様からの動画になります。より詳しくセックス全般について知りたい方は訪問されると良いと思います。セックスのテクニックについての情報がハンパないです。

私もポルチオイキへ導くことができるよう精進しています。毎度言うようにテクニックが全てではありませんが、パートナーが多幸感に包まれ、私の手によって快楽に包まれてくれたら男としてこれ以上の喜びはありません。セックスはまだまだ奥深いものです。もっともっとセックスを楽しみましょう。