大人の性事情
~性について学習するアダルトブログ~
セックスレス

セックスレスを防ぐ④・・マッサージでのセックス誘導

「疲れている」「そんな気分にはならない」といったような理由でセックスを拒まれるあなたにはマッサージでセックスへ誘導してみることをおススメします。

主に女性向けへの記事になるかと思います。ですが男性が女性にでも効果あるかもしれません。

まずはパートナーの体に触れる

セックスレスでお悩みの方はパートナーへストレートにセックスを要求し過ぎなのではと私は思います。やはりセックスを拒まれる男性の方はグイグイ来られると一歩引いてしまうもの。(私から見ると凄く羨ましいですが)

まずはパートナーに触れる事から目標に頑張りましょう。セックスを拒むのに「疲れている」のが理由なら「なら動くな、私が動く」、「そんな気分にならない」なら「そんな気分にさせてみせよう」戦法です。

パートナーのお風呂あがりや、ベッドでくつろいでいる時にマッサージをしてあげましょう。マッサージは肩もみ、腰揉みなど体を癒してあげるマッサージです。

その時には仕事などの愚痴を聞いたり、ご家庭の話をしたり、リラックスしたムードでマッサージをします。大事なのはセックスの話をしないことです。してはいけません。

あなたも大好きなパートナーの身体にまずは触れることに意識してください。

マッサージから性感マッサージへ

パートナーと一緒に寝られている方はベッドに入ってからでも良いですが、マッサージをして相手をリラックス状態へともっていったら、こっそりマッサージに性感マッサージを少しずつ混ぜていきます。

性感マッサージ苦手とする方もいらっしゃいますけど、大抵の人は好きだと思います。
やり方は凄く簡単でパートナーの肌に触れるか触れないかくらいの優しいタッチで足からゆっくりあなたの指を這わせます

足のうら、ふくらはぎ、ふともも、おしり、背中、おなか、首筋とゆっくりマッサージしてください。時には軽く爪を立てたり、くちびるで触れる何かもいいかもしれません。

流石にパートナーもどうしたのかとなるでしょうが、「気持ちよくない?」「私がしたいからしてる」など言って続けましょう。そんなことしたってセックスはしないと拒まれるかもしれません。その場合はそれでも構わないと伝えましょう。

ここでの目的はあなたが触れても嫌悪感が出ないようにする(書いててなんか悲しくなりますが)、あなたがするマッサージは気持ちいいと認識させる。パートナーの感度を上げる。またしてほしいと認識させることです。

性感マッサージで大事なことは「性器に触れない」ということです。要は焦らしです。性器の近くをマッサージしても触れないようにしましょう。焦らしが性欲を掻き立てます。性器はダメですが男性の乳首は触れたり、噛んだりすることをおススメします。乳首を咥えたまま息を吸うとヒヤッとした空気が流れて相手に快感を与えることができます。

男性の乳首も実は開発すれば凄い性感帯になります。乳首だけでイケるようにもなるほどです。また乳首と男性の前立腺はリンクしているので乳首の感度を上げると性欲か掻き立てられ勃起力が増します。

性器に触れず焦らしたらあとは相手の反応次第ですね。してほしそうだったら触ってあげてもいいでしょうし、口でしてあげても良いと思います。まだそんな気分でないのなら続けて様子を伺ってもいい。でもあなたががっつかないようにしてくださいね。そのまま終わるようにしてください。次回に期待しましょう。

苦しいでしょうが相手が求めてくるまでは我慢したほうがよさそうです。無理にしてしまうとまた元に戻ってしまうかもしれません。まずはパートナーに触れる。疲れさせず気持ちいいと悟らせることが大事です。セックスまでは行かなくても何度も繰り返ししていればどんどん相手の感度も上がるので次はセックスへ進展するかもしれません。

大変ですが、まずは「自分より相手の快感を見つけてあげること」です。逆に見つけてあげればあなたを求めてくるようになるという事です。焦らずいきましょう。