大人の性事情
~性について学習するアダルトブログ~
セックスレス

どうしてもパートナーとセックスできないあなたへ・・ -2-

どうしてもパートナーとセックスができない方へ・・前回の記事の続きになります。

どうしてもできない・・③外で満たす

どうしても我慢できない場合、「外で満たす」という方法もあります。パートナー以外の人と身体だけの割り切った関係を持つということです。パートナーへの愛は当然にあり、罪悪感もあるけどもどうしてもセックスがしたいという場合ですね。

これは賛否両論ありますが、私の場合は『あり』ですね。いくらパートナーを愛していると言っても性欲は人間の3大欲求の一つです。それが拒まれているのですからかなり辛い事です。もちろんパートナーに対して悪い事をするというのは間違いありません。罪悪感を持つのも当たり前の事です。

しかし毎日辛い思いをし、辛い目に合うのは拒まれている一方だけです。前の記事でも書きましたが、セックスレスは2人の責任です。セックスレスが原因で別れるカップルも少なくありません。別れようかなと思うくらい辛い思いをしているのなら「外で満たす」というのもありなのかなと思います。それで別れようと思わなくなるのならそちらの方がいいのかもしれません。ただ、罪悪感は常に付きまとうかもしれませんが・・。

拒んでいる人側からみればふざけるなと思われるかもしれません。しかし、セックスレスは裁判でも離婚の要因として該当する可能性があると言われるくらい強いものです。「疲れている・飽きた・異性としてみれない」というのもよく解りますが、拒めばパートナーを失う覚悟も必要かもしれません。今は熟年離婚というのもありますし。

もし、あなたが「外で満たす」を選択されるなら3つ守ってほしいことがあります。

3つ守ってほしいこと

①身体だけの割り切ったの関係を貫き通すこと。
②パートナーに対して罪悪感をもつこと。
③パートナーにバレないように最善を尽くすこと。

身体だけの割り切りと解って会っていても体を重ねれば「感情」が必ず入ります。割り切りのつもりが本気になるかもしれません。トラブルにならないように相手にもハッキリ「身体だけの割り切り、本気はなし」と伝えてくださいね。

※出会い系で割り切りとだけ伝えると援助交際を指しますので注意が必要です。

パートナーには絶対バレないようにしましょう。特に男の人は絶対バレると思って行動してください。女性は男性が思ってるほど甘くなく鋭いです。私もバレましたので(笑)
(私の場合はセフレはOKという夫婦ルールで、但し家庭に持ち込まない、話さない・合うのは秘密にというルールです)

当然ですがパートナーにバレてしまうと大変な事になります。これは解りますよね。運よく別れずに済んだとしても相手に傷を負わせます。知らなくて良いことは知らない方が良いです。バレないようにすることを徹底してください。

1.相手をどこで探すか

あなたが「外で満たす」事に覚悟ができたらその相手(以降セフレとします)をどこで探すかになると思います。一番良いのはやはり「出会い系サイト」をおススメします。職場や友人というのもありますが、余りおススメしません。

職場でセフレを作ってしまうとパートナーだけに留まらず、上司、同僚など職員全員にバレる可能性もあります。あなたが既婚者でなければそんな問題にはならないかもしれませんが、最悪会社を辞める原因にもなるからです。

そして会うのが頻繁になるからバレやすいです。そして縁切りも難しい。セフレと言っても別れるときに情があるのでそう簡単にはいきません。仲が悪くなるかズルズル引きづるか・・仕事にも影響します。以上がおススメできない理由で私も大変な思いをしました。

出会い系サイトならば年齢、近くで会えるかなどある程度絞ってセフレを探すことができます。身体だけの割り切った関係募集と自己紹介ページで書いておけば、相手が本気になることはありませんし、似た境遇の人にも会えます。私が利用する場合にも当然セフレと書きます。

何度も書きますが割り切りは援助交際を指しますのでセフレと書きましょう。最初知らなくて幾らまで出せるの?って聞かれた経験があります(恥)

2.出会い系サイトは悪いイメージ?

何となく出会い系サイトは悪いイメージがあると思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かにサクラと呼ばれる企業側が売上あげるためにそういう人を雇うとも聞いた事があるし、業者と呼ばれる第3者企業が混ざってくる事もあるようです。

しかし出会い系サイト会社もサクラを雇えば信用無くすのは解っているし、お客さんが安心して利用してもらえるよう業者が混ざってないか24時間監視しているそうです。

実は私達夫婦は『出会い系サイト結婚』なんです。当時はそれこそ出会い系サイトが流行 った時で、色々悪い噂も多かったですが私達のように夫婦になるカップルも多かったです。結局は利用する人次第です。どんな形であれ出会いは出会い。あの時携帯で出会い系サイトをしてなければ今の私達夫婦は無いのです。

恋愛結婚、お見合い結婚、社内結婚も芸能人結婚だって離婚するものなのです。どんな形の結婚だって同じです。完璧な結婚何てありません。ちょっと話がズレましたけども(笑)

あなたが思っているほど「出会い系サイト」は悪いものではありませんよ。

3.どこのサイトにするか

出会い系サイトといっても沢山あります。私は「PCMAX」「ハッピーメール」「Jメール」の3社をおススメしますね。理由は利用者が最も多く、サクラがいない、業者が少ないと聞いています(他サイト様情報)

私も当然登録(他にも3社ほど)してるし利用したことあります。20代後半の子とセフレ関係になりました。

私は田舎に住んでいるのでちょっと心配でしたが、さすが登録者数が多いですね。ご近所にたくさんいました(汗)。ちなみに結婚する前は別サイト(今はもう無いと思います)50人くらいは会ってドライブ行ったり色々遊んでました。

ホント色んな人がいましたね・・・。中には強烈な人も・・・。

出会い系サイトを利用し割り切りのお相手探しするなら別記事でも書いた「中イキ・ポルチオイキ」や「ドライオーガズム(前立腺開発)」などできる人を探すのも良いかもしれません。その他自分の性癖・フェチに理解してくれる人が良いと思います。

4.出会い系サイト利用するときは・・

出会いサイトを利用するときは、基本女性は無料で使用することができると思いますが、男性はポイントを使用し無くなると買わないといけなくなりますので、女性とメール交換を始めたらなるべく早めに会ってLINEなどのID交換を行いましょう。案外男は有料と話すと教えてくれたりします。僕は2メール目には必ずアド交換してました。

ただ変な人が多いのも事実です。できることなら出会い系専用のメルアドを作ることをおススメします。(gmailなど)

仲良くなっても住んでるところを教えたりするのは絶対に止めた方が良いですね。しつこい人や危険な人も男女問わずいるからです。まずは食事だけにして様子を見てからその後の展開を考えるのも良いと思います。

出会い系のルールも自分の中で作っておくと良いと思います。

例えば僕の場合、「1人以上の人とは出会わない、必ず割りきった関係(セフレ)と伝える。彼氏・旦那持ちは禁止、フリーのみ。連絡交換の方法は・・。」というものです。私は相手持ちは無しと決めています。ただ、レスの方同士だと気が合うかもしれません。これはあくまで私の場合です。

1人以上というのは何人も持たないということです。ダメだと思ったら完全に切ってから次の人に行くって感じですね。何人も作らないとも言えます。

女性は当然ですが、男性に必ず避妊具をつけるようにしてください。できれば避妊具をつけても出す瞬間に体外射精を条件とすることをおススメします。万が一傷つくのは女性だからです。

出会い系については、一つのカテゴリとして今後も書いていきます。

自分なりのルールを作って良いセフレ探しを行いましょう。